パパは陸マイラー?

陸マイラーを目指す医師のブログ

i2iポイントのセントラル短資FXがスピード承認!19,000円分!

 

f:id:sagitta712:20170902233125p:plain

 i2iポイントからドットマネーに交換が可能に

 

point.i2i.jp

 

以前にも紹介しましたが、「i2iポイント」は高還元率の案件が多いものの、マイルへの交換ルートがありませんでした。

それが、2017年8月から、ポイント交換先にドットマネーが追加となりました。

 早速、ポイントアップとなっていた、「セントラル短資FX」へ申し込み、ポイントを獲得、ドットマネーへと交換しましたので、紹介します。

 

f:id:sagitta712:20170902230857p:plain

 

現在は、83,000ptですが、自分が申し込んだ際は、往復50万通貨以上の取引で190,000ptの好条件でした。

 

ポイント獲得まで爆速

 

口座を開設し取引を開始、結局往復450万通貨取引を行い、+3,000円程度の終始でした。

50万通貨の取引が終了したのが、8月25日、その後1週間も経たずにポイントが承認されました。

他のFX案件と比べると非常にはやいです。

 

f:id:sagitta712:20170902225534p:plain

 

早速ドットマネーに交換、メトロポイント経由でANAマイルに交換する予定です。

190,000pt→17,100 ANAマイルになります。

 

ただし「セントラル短資FX」の取引には注意が必要です。

それはスプレッドは大きいことです。

ドル円で1.0銭もあります。小さいところでは0.3銭ですので、大分違います。

 

まとめ

 

高還元率の多いi2iポイントが、ドットマネーに交換可能となったことから、陸マイラーとしても非常に使い勝手が良いポイントサイトとなりました。

 

登録がまだ方は、こちらからのご登録で1000pt(100円相当)がもらえます

 i2iポイントサイトへのご招待です♪

 

関連記事

 

sagitta.hatenablog.com

 

sagitta.hatenablog.com

 

 

期間限定TポイントをANAマイルに交換する方法

f:id:sagitta712:20170831171955p:plain

 Yahoo!ショッピングなどで買い物すると、キャンペーンによって「期間固定Tポイント」が貯まります。

 
この期間固定Tポイントは、普通に貯まるTポイントと異なり、Yahoo!関連のサービスか、LOHACO、GyaOなどでしか使うことが出来ません。
 
通常のTポイントですと、500ポイント→250 ANAマイルに交換できます。還元率は50%です。
しかし、上記のように期間固定Tポイントは直接ANAマイルには交換できません。
 
そこで使用するのがヤフオクです。
 

ヤフオクでポイントを購入→ソラチカルート

 
ヤフオクでは、ドットマネー(.money)ギフトコードやPeXのギフトコードも売っています。
これを買って、ソラチカルートに乗せて、ANAマイル化します。
 
ドットマネーギフトコードは、だいたい1,000ポイントあたり1,500円~1,600円で出品されています。
これを期間限定Tポイントで決済します。
 

 
 3,000円(3,000 Tポイント)でドットマネーギフトコード 2,000マネーを落札したとすると、これをメトロポイントからANAマイルに交換すると、90%の1,800マイルとなります。
還元率は、60%です。
TポイントをANAマイルに直接交換するよりも還元率が高くなります。
 
通常のTポイントにも使える方法ですが、時間がかかるのが難点です。
(ソラチカルートだと1ヶ月以上、直接交換する場合は2-3日で済みます。)
 

まとめ

 
キャンペーンなどで貯まる期間限定Tポイントの1つの使い方を紹介しました。
Yahoo!のサービスで使い道がない場合には有用な方法ではないでしょうか。
 

関連記事

 

楽天ポイントをANAマイルに交換するのが非常に面倒

楽天ポイントからANAマイルへの交換

 
楽天ポイント」は、皆さんお馴染みのポイントサービスだと思います。
楽天ポイントは下記のように、楽天ポイント 2ポイント→ANA 1マイルに交換できます。
 

 

 
しかし、非常に使い勝手が悪いのです。
上図の「交換可能ポイント数について」のところに記載されているように、
1日1,000ポイントずつしか交換できない
上限は20,000ポイント/月
と制限があります。
 
20,000ポイント交換しようと思うと、20回に分けて申請しないとならないのです。
非常に面倒。
 
1日1回というか、前回の交換から24時間経たないと交換できないようになっており、下記のようにエラーがでます。
 

 

まとめ

 
やはり、楽天ポイント楽天サイトで使うのが良いでしょう。
緊急で少量のマイルが必要となった時などには使えるかもしれません。
 

楽天利用時はポイントサイト経由でポイント二重取り

 
楽天で買い物や宿泊予約をする際は、「ハピタス」などのポイントサイトを経由すると、楽天ポイントとポイントサイトのポイントの二重取りが可能です。たいていのポイントサイトで1%のポイント還元率になっています。
ハピタスでもらったポイントは、「ソラチカルート」で90%の交換率でANAマイルに交換できます。
 
ハピタスへの登録はこちらから↓

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

関連記事

 

sagitta.hatenablog.com

  

sagitta.hatenablog.com

 

 

パソコン買うのもポイントサイト経由がお得!

f:id:sagitta712:20170827205809p:plain

 
パソコンは最近ではずいぶん安く買えるようになりましたが、それでもパソコンは高価な買い物です。
自分はネット直販サイトで購入しています。
メーカー直販サイトでパソコンを購入する場合、店舗で購入するのと比べて、安く購入できたり、構成をカスタマイズできたり、メリットがあります。
 
直販サイトでパソコンを購入する場合も、「ポイントサイト」を経由するとポイントが貯まってお得になります。
 
先日、デスクトップパソコンを新たに購入しましてので、失敗談も含めて報告します。
 

ハピタス経由でパソコン購入

 
自分が選んだパソコンは、「マウスコンピューター」のデスクトップパソコンです。
BTOで構成が細かく選べるのと、デザインが気に入ったからです。
 
 
これが失敗だったのですが、何も考えずにいつも使っているポイントサイトである「ハピタス」経由で購入しました。
何でハピタスなのというと、明確な理由はないのですが、最初に登録したポイントサイトであったりして、何となくいつも利用しています。
 
ハピタス経由でマウスコンピューターでパソコンを購入すると、購入代金の3%がポイント還元されます。
 

 
マウスコンピューター以外も、NECDELL、HPなど多数の直販サイトがポイント獲得の対象となります。
 

 
奮発して、約20万のパソコンを購入したので、3%の6,255pt、6,255円分がポイント還元される予定となりました。
 

 
本来であれば、これでめでたしめでたし、なのですが、下記のような失敗を犯していたのです。
 

ポイントサイトは選んで使いましょう

 
ブログを書くにあたって調べてみると、ハピタスではなく他のポイントサイトを利用していれば、さらに多くのポイントを獲得できていたのです。
 
獲得できるポイントを、ポイントサイト間で比較できるサイトがあります。
「どこ得」です。
 
 
マウスコンピューター」を「どこ得」で調べてみると、「モッピー」経由で購入すると、ハピタスの倍以上の7%還元となっています。
 

 

 
計算すると、14,595ポイント、8,340ポイントも多く獲得できていたのです。
 
いつもなら、きちんと調べてからポイントサイトを利用していたのですが、この時はパソコンのことばかりに頭が行ってしまっていたようです。
痛恨のミス。
 
高額の商品だけに差額が大きくなってしまいました。
 

まとめ

 
ポイントサイトを使用する前には、どこのサイトが一番お得か、しっかり調べてから利用しましょう。
 
モッピーはJALマイル還元のキャンペーンなども行っており、最近頑張っています。
 

f:id:sagitta712:20170827210042p:plain

 
モッピーへの登録はこちらから。
下のバナーから登録して頂けると300pt(300円分)のポイントがもらえます。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 
ハピタスへの登録はこちらから。
下のバナーから登録して頂けると、いまなら1,000pt(1,000円分)のポイントがもらえるキャンペーン中です。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

関連記事

 

m3.comからJCB THE CLASSを取得!

m3.com (エムスリードットコム) は、以前に紹介しましたが、医療従事者のみ利用可能な医療専門サイトです。
 
期間限定(2017年8月31日ま)で、m3.comから「JCB THE CLASS」の資料を直接請求して申し込むことができます。
 
 
JCB THE CLASS」は、JCBの最上位カードで、プラチナカードの位置づけになります。
本来であれば、JCB THE CLASSを取得するには、まずはJCBゴールド会員となって、クレジットヒストリーを積み重ね、インビテーションが来るのを待つしかありません。
2年連続で年間100万を利用すると、一段階上の、「JCBゴールド ザ・プレミア」の案内が来るようです。さらに1~2年実績を積むとTHE CLASSのインビテーションが送られてくるらしいです。
 
つまり、JCBゴールドを取得してから普通であれば少なくとも3-4年かかるものを、すっ飛ばしてTHE CLASSへの申し込みが可能となるのです。
 
実際に資料請求し、JCB THE CLASSを取得できましたので、紹介したいと思います。
 

m3.comサイトからJCB THE CLASS資料請求

 
もともと、JCBゴールドを保有しており、THE CLASSのインビテーションを目指して、カード利用を集約していました。
しかし、時々m3.comの優待で、直接JCB THE CLASSへ申し込みが可能になることを知り、機会をうかがっていました。
 
そんな中、再びJCB THE CLASSへの優待が再開となっており、早速申し込みました。
 
 

 
 
このページに資料請求へのリンクがあります。
JCBのページへ飛び、必要事項を入力し終了です。
 
1週間ほどで資料が到着しました。
 

THE CLASS 申し込みからカード到着まで

 
8月1日 申込書をポストへ投函
 
8月8日 My JCBから限度額、ポイントが閲覧不能となる
     夜にはログインできなくなる
 
8月9日 My JCBでカード情報がTHE CLASSに
 
8月11日 携帯へ本人確認のTEL
 
8月12日 カード到着
 

まとめ

 
医療関係者限定ですが、m3.comからJCB THE CLASSへの直接申請ができます。
受付期間は8月31日までのようです。
 

関連記事

 

楽天カードの国際ブランドをVISAからJCBに変更してみた(解約・再申し込みが必要です)

楽天カードnanacoチャージできるのはJCBブランドだけ

 
 f:id:sagitta712:20170708194509p:plain
 
楽天カードは、申し込む際にJCB、VISA、Mastercardの3つの国際ブランドから1つ選択することができます。
 
以前の記事でも紹介しましたが、主要な電子マネーである「楽天Edy」「nanaco」「Suica」へのチャージに対応しているのは、「JCB」ブランドだけです。
 
VISA、Mastercardの場合、「楽天Edy」「Suica」へのチャージは可能ですが、「nanaco」へのチャージができません。
 

楽天カードならクレジットチャージでポイントが貯まる

 
nanacoへのチャージでポイントが貯まるクレジットカードは限られています。
楽天カードJCB)なら、通常通りnanacoチャージ100円につき1楽天ポイントがもらえるます。
楽天ポイントは、2ポイント=1マイルのレートでANAマイルに交換できるので、100円で0.5マイル貯まることになります。還元率は0.5%です。
 
もちろん、楽天EdySuicaへのチャージでもポイントが貯まります。
 
楽天カードJCBで作るメリットは楽天EdynanacoSuicaへの電子マネーチャージができ、しかも楽天ポイントももらえることです。
  

楽天カードの国際ブランドを変更する方法

 
自分が楽天カードを作ったのは大分昔で、「VISA」ブランドです。
上記のような電子マネーでの使用は想定せず、何も考えずにVISAを選んでいました。
 
そこで、楽天カードのブランド「VISA」から「JCB」に変更することにしました。
 

国際ブランドの変更は不可能、解約が必要

 ブランドを変更するには一度解約し、再度希望のブランドを選択して再度カードを申し込む必要があります。
解約するには、ネットからの手続きは不可で、カスタマーサービスに電話する必要があります。
 

f:id:sagitta712:20170715222401p:image

 
 上記へ電話、スキップ番号「3800#」で、解約の手続きにスキップできます。
音声ガイダンスに従ってカード番号などを入力するとオペレーターにつながりました。
本人確認の後、解約の理由を聞かれたので、「国際ブランドの変更のため」と伝えました。
いくつか確認事項の説明があり、解約手続きは5分程で終了しました。
 
その際、解約手続きには2営業日ほど時間がかかるため、新しいカードの申し込みはそれより後にしてくださいと言われました。
 

新カード(JCBブランド)の新規申し込み

解約手続きをしたのが金曜日でした。
2営業日は開けるように言われましたが、翌週の火曜日の21時頃に新規申し込みを行いました。
問題なく申し込みが終了、なんとその1分後には「発行手続き完了」のメールが到着、あっという間に審査が終了しました。
 
申し込みから5日でカードが到着しました。

f:id:sagitta712:20170715222640p:plain

 

まとめ

 
楽天カードの国際ブランド変更には、解約→新規申し込みの手順が必要です、
新規申し込みには再度審査が必要らしく、心配しましたがあっけなくカード発行が完了しました。
これから楽天カードを申し込む方は「JCB」がお勧めです。
 
 

関連記事

nanacoチャージでANAマイルを貯める方法

 

f:id:sagitta712:20170708194205p:plain

 
以前にEdyでマイルを貯める方法を検証しましたが、今回はnanacoです。
 
nanacoで支払いをすると、100円ごとにnanacoポイントが1ポイント貯まります。
nanacoポイントは、2ポイント=1マイルのレートでANAマイルに交換できるので、100円で0.5マイル貯まることになります。
還元率は0.5%です。
 
それに加えて、クレジットカードでnanacoチャージを行うと更にポイントを貯めることが出来ます。
 

nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカード

 
nanacoへのチャージでポイントが貯まるクレジットカードは限られています。
そのうち、ポイントをANAマイルへ交換可能なカードの代表的なものを紹介します。
 
 
名称 年会費 ポイント
プログラム
ポイント 還元率 ポイント
ANAマイル
ANAマイル
還元率
楽天カード 永年無料 楽天ポイント 100円=1pt 1% 2pt=1マイル 0.5%
Yahoo! JAPANカード 永年無料 Tポイント 100円=1pt 1% 500py=250マイル 0.5%
セブンカード・プラス 952円 nanaco
ポイント
200円=1pt 0.5% 500pt=250マイル 0.25%
 
やはり、楽天カードがおすすめです。
楽天カードnanacoへチャージすると、ANAマイル還元率は0.5%となります。
 
f:id:sagitta712:20170708194509p:plain
 
ただし、注意があります。
楽天カードのブランドには、JCB、VISA、MasterCardがありますが、nanacoチャージでポイントが貯まるのはJCBブランドの楽天カードだけです。
VISA、MasterCardの場合、nanacoチャージでポイントは貯まりません。
 

まとめ

 
クレジットカード(楽天カードまたはYahoo!JAPANカード)でnanacoチャージを行うと、nanacoでの買い物で、200円=2pt(還元率1%)のポイントを貯めることができます。
 
対してEdyの場合、以前に紹介したように、200円=3.5マイル(還元率1.75%)でマイルを貯めることができますので、普段の買い物ではEdyの法が貯まりやすいということになります。
 

関連記事